リユースびんって?
会社概要 up!
事業内容
活動日記 up!
取り扱い製品
Q&A
リンク
お問い合わせ
3R豆知識PDF
リユースびんマーク

NEW!!!

新たなびんの導入お考えの方へも!


回収促進、招布(まねぎ)配布中!

絵本:りさとりた
Rびんプロジェクト様発行
原作:谷川俊太郎
株式会社 成尾屋
本社
〒550-0015
大阪市西区南堀江 3-13-18
TEL・FAX
(06)6531−2247
E−Mail
reuse@naruoya.com
MAP(Yahoo!地図)

立葉営業所
〒550-0020
大阪市浪速区立葉 1-3-10
TEL・FAX
(06)6567−3793
MAP(Yahoo!地図)

奈良当麻倉庫
〒639-0276
奈良県葛城市當麻16
 


会社概要


経営理念


『地球と人間社会が共生する、より良い世界を作る。』


江戸時代、日本は鎖国されていて、国内生産のみで
着物、樽、家、建具、紙、灰などなど、衣食住のあらゆるものが
リユースやリサイクルをされ、既に自然と共生し、
地産地消、持続可能な循環型社会を260年以上も実現していました。

しかし明治維新、開国、そして高度経済成長も始まり、
人間社会経済を優先され、大量生産、海外からの大量の物資も入り
環境破壊と言う言葉が出てきました。
そして公害や、ゴミ問題なども起こり、現在でも解決されていません。
今では人間活動の影響で豪雨、洪水、干ばつや熱波、あらゆる異常気象も相次ぎ深刻な状況です。

2015年、地球温暖化対策、第21回気候変動枠組条約締約国会議COP21
パリ協定にて、196カ国、地域が参加する
産業革命後の気温上昇を1.5度以内に抑える目標が決まりました。

今一度、地球、自然の恵みを思い出し、人間社会経済を優先しすぎた現在を見直し、
かつての日本、江戸時代の先人達の知恵、和の力を思い出し、
この時代に合った循環型社会の和を広げて、より良い世界を作る時ではないでしょうか。
2016.6

 

 社名 株式会社 成尾屋
 所在地 本社
〒550−0015
大阪市西区南堀江3−13−18
TEL・FAX (06)6531−2247
E−Mail 
reuse@naruoya.com
MAP(Yahoo!地図)

立葉営業所
〒550−0020
大阪市浪速区立葉1−3−10
TEL・FAX
(06)6567−3793
MAP(Yahoo!地図)
 創業  昭和26年
 会社設立  昭和49年 05月01日
 資本金  1000万円
 代表取締役  成尾芳信
 事業内容  ・ガラスびん洗浄リユース
  (リターナブル)。
 ・小容量容器ワンウェイびんの
  洗浄リユースも行っております。
 ・使い終わったガラスびんの回収、
  買取り。
 ・洗浄ガラスびん配達、納品。
 ・回収から洗浄、納品まで
  一貫して行います。
 ・小口配達も可能です。
 ・洗浄加工のみも行っております。
 取引銀行  三井住友信託銀行 難波中央支店

トップページへ

  

Copyright (C) 2008- NARUOYA. All Rights Reserved.